ヤフーオークションで高く売るための出品のコツ

書いた人:TATSUO IYAMA

TATSUO Microsoft、KDDIのコールセンター(表彰歴)、ニフティクラウドやAndroidアプリの開発などIT歴20年。歌手はいだしょうこさんを絶賛。

ダークソウル3レベル1縛りカンスト周回クリア
Fall Guys ソロ5連勝達成

 

「どうせ手間ひまかけて売るなら少しでも高く売りたいよね~」

「でもどうしたらええんやろ?」

安く買いたい落札者と高く売りたい出品者の攻防が繰り広げられるヤフーオークション。

わたしは今までに626件の取引をしてきましたが、高く売るための答えはすごくシンプルです。

この記事に書いてあることをマネするだけで落札価格が上がりますよ。

サンプルとして今わたしが使っているパソコンを出品したらどうなるか見てみましょう。

脇を締めたり三脚を使って手ブレを減らそう

脇が開いていると支えがないため手がフラフラしがちですよね。

また、本格的にやるなら三脚を使いましょう。

ただ最近のカメラは手ブレ補正が優秀ですので三脚は不要のケースも多いです。

画像は明るめに【ワンタッチ】

NG

パソコン

 

OK

パソコン

一目見ればわかりますが、やはり明るい方が活気や温かみがあっていいですよね。

キズや汚れも確認しやすいです。

画像を明るくする方法はもちろんなんでもよいですがBANNER KOUBOUなら使いやすくソフトのインストールも不要でお手軽です。

中古なら使っているところを写真に

NG

パソコン

 

OK

パソコン

やっぱり実際に動いているところを写したほうが

「あっほんとうに動くんだー(詐欺じゃない)」

と思ってもらえますしイメージがしやすいですよね。

パソコンなどならヤフオクの画面を開いておくとよいでしょう。

出品した理由を明確に

 

「なんか不具合があって出品したんじゃないの?」

「使いにくいから買い替えるんじゃないの?」

 

出品した理由がないことをネガティヴにとらえる人がいますから書くようにしましょう。

不具合があるなら書くのはもちろんですがなければ出品した理由を書きましょう。

  • 仕事量が増え、より高い性能のPCが必要
  • 3D(VR)酔いしてしまう
  • 体格(体質)に合わない
  • 楽しめなかった
  • 記事にするために一時的に入手した
  • 型番を間違えた

なにか理由が書かれているだけで商品のイメージを下げずに済みます。

クリーニング済み

たとえばオークション以外でも賃貸物件の内覧をするとトイレに必ず書かれていますよね。

トイレ

出典:トイレクリーニング

キレイかどうかなんて見りゃわかるんですけど「清掃済」と書かれているだけで安心できます。

やっぱり心理的効果があるからやってるんですよね。

オークションでも

「クリーニング済です」

と書いて印象をよくしましょう!

難ありの付属品は「ジャンク」ではなく「オマケていど」

×本体付属のバッテリーは3年経っていますのでジャンクと致します。

〇本体付属のバッテリーは3年経っていますのでオマケていどにお考えください。

やっぱり「ジャンク」って印象がわるいですよね。

なるべくポジティブに書きましょう!

商品情報+リンクを貼ろう

くわしい商品情報はメーカー公式サイトや価格.com、Amazonにあります。

オークションの商品ページには基本的な情報を書き、公式サイトへのリンクを貼ってあげると喜ばれます。

たとえばこちら

Inspiron 15 3000 エントリー・プラス Pentium Silver N5000・1TB HDD搭載モデル

https://kakaku.com/item/J0000028160/spec/#tab

人によってはCPUのコア数とかHDDの回転数、USBのバージョンを知りたいですからね。

キズ、汚れ、使用期間はていねいに

商品の状態は出品者にしかわかりません。

なるべくていねいに書きましょう。

光を当てたり色々な角度から撮影するとわかりやすいし落札者からの信用度も上がりますよね。

念のためクレーム回避の言葉を忘れずに。

  • あくまでも中古品ですので使用感はあります。
  • ご理解いただける方のご入札をお待ちしております。
  • ノークレーム・ノーリターンでお願いします。

1ミリぐらいのキズがうっすらついてたんですけどー
タマ
タマ
シロ
シロ
新品買えや!!

多少リスクはあるが・・・1円スタートもアリ

安く落札されるのがちょっと怖いですけど1円スタートという方法もあります。

シロ
シロ
人気があって閲覧数が多い商品ならあまり失敗がありません。

1円スタートのメリット

  • とりあえず注目される
  • ほかの出品を探すのがめんどうになる
  • 負けたくない
  • 今までの時間をムダにしたくない

勇気があればトライしてみましょう!