ひとりで外食できない?便所飯も同類【アホかっw】

2021年6月7日

書いた人:TATSUO IYAMA

TATSUO Microsoft、KDDIのコールセンター(表彰歴)、ニフティクラウドやAndroidアプリの開発などIT歴20年。歌手はいだしょうこさんを絶賛。

ダークソウル3レベル1縛りカンスト周回クリア
Fall Guys ソロ5連勝達成

 

「ひとりで外食してえなあ」

「居酒屋行きたいけどひとりで行けない」

「ひとり焼き肉してみたい」

 

冷静に考えてみればひとりで外食したからって料金が高くなるわけでもありません。

痛くもかゆくもないんですよね。

外食できない人の理由は周りからの視線でしょう。

 

「あの人ともだちいないのかな?wwwプププ」

「変わり者?www」

「ダメ人間?m9(^Д^)プギャー」

 

ひとりで外食している人をそんなにじっくり見ますかね?

ともだちがたくさんいることが優れていてボッチがダメだと決めつけていませんか?

ひとりで外食できない人の心理

友達がいないと思われたくない

 

「あの人友達がいないのかな?」

「コミュ障なんじゃない?」

「性格に問題があるとか?」

「プークスクス」

 

ひとりで外食できない人の頭の中にはこんな被害妄想があります。

逆に目立つ

たしかに食堂にひとりでメシを食ってる人がいたらちょっと目立ちますね。

ただ目立つのなんて一瞬ですよ。

「花より団子」

ということわざがあるようにみんなメシに夢中ですよ。

なにが楽しくてボッチを眺めながら食事せなあかんねんw

ひとり用の席がない

 

「あとで混んできたらどうしよう」

「ひとりでテーブルを占領していいのかな・・・」

 

遠慮がちな性格の人はひとり用の席がない店で外食できないケースもあります。

気の小さい人や貧乏性の人に多いパターンですね。

店員とマンツーマンで会話したくない

 

「人と目を合わせるのが苦手」

「店員とふたりきりで話すの恥ずかしい・・・」

 

中には赤面恐怖症や視線恐怖症、対人恐怖症のケースも。

でもね、1日に何十人も接客する店員にとって、客なんてその他大勢の中のひとりなの。

そんなに注目されてないですから大丈夫ですよwww

おなじ心境の便所飯【バカすぎ】

別名ランチメイト症候群。

ひとりで食事をするところを見られたくないという理由でトイレの個室でメシを食うらしい。

アウトプットするところでインプットしてどないすんねんwww

どうすんの?となりの人のウンコの臭いが来たらwぜったいメシがマズいだろwww

あと個室使いたいときに閉まってたらみんな困るでしょ?

迷惑千万

あのね、そうやって自分のことしか考えてないから自意識過剰になっちゃって周りの目が気になるのw

おまえが心配してるほど誰もおまえのことなんか見てねえからw

たとえば裸踊りでもしてりゃ注目されるだろうけど、メシ食ってるだけだろ?

シロ
シロ
周りのことも考えましょう。

「みんななかよく^q^」というクソみたいな学校教育が元凶

 

「嫌いなやつがいても表面上はニコニコ^^」

「ガマンして付き合え^^」

「ともだち100人できるかな?」

アホかっwww

でも日本人ってそういうところありますよね。

理由は精神的に自立できていないとか、村社会だから群がりたがるとかいう点が挙げられます。

外人にとっては

「本心がわからない・・・!」

と不評を見聞きすることが多いです。

へんな学校教育のせいで

「ひとりでいるのはダメなこと」

という偏見を植え付けられたのです。

ひとりで生きられることが先

たくさん友達を連れている人が優れていると思いますか?

いいえ。かならずしもそうとは言い切れません。

肯定的に見れば友達が多い人は

 

「社交的」

「おもしろい」

「コミュニケーション能力が高い」

 

と思えるかもしれません。

しかし否定的に見れば

 

「ひとりで生きるのがこわいさみしがりや」

「精神的に自立できていない」

「弱い生き物ほど群れる」

 

というケースもあります。

 

「大勢でいたほうが安心」

「じぶんで責任をとらなくていいし」

「なんとなく強くなった気がする」

 

なーんて考え方の人が優れていると思えますか?

精神的に未熟な人たちが群がったってお互いに依存しあうだけでうまくいくわけがありません。

逆に

「大勢でも協調できるしひとりでも生きられる」

というのがベストな状態。

シロ
シロ
かならずしも大勢でいることがよいことだと言い切れないのです。

SNSの普及で個人の時代に

そもそもの話、孤独なんてなんも恥ずかしいことではないんですが、

「どーーーしてもボッチに見られるのが恥ずかしい」

という方へ。

昭和、平成あたりはネットワークが普及していなかったこともあり

「たまたま近くでご縁のあった人とガマンして仲良くしなきゃいけない」

という風潮がありました。

でも最近はSNSの時代です。

世界中の人とネットを通じて友達になれます。

牛丼屋にひとりでメシを食っていてもSNSのフォロワーは1000人いるかもしれません。

はたから見たらわからないのです。