毒親に育てられたアダルトチルドレンの10の特徴

2021年7月1日

書いた人:TATSUO IYAMA

TATSUO Microsoft、KDDIのサポセン(表彰歴)、Androidアプリの開発などIT歴20年。猛毒親育ち。歌手はいだしょうこさんを絶賛。

ダークソウル3レベル1縛りカンスト周回クリア
Fall Guys メインショーソロ5連勝達成

チェック

自分の弱点が相手を怒らせないかとびくびくしている人がいる。そこで他人にいつも迎合する。相手が自分の弱点を気にしているわけではなく、自分が自分で気にしているだけなのである。

出典


TATSUO
TATSUO
自分が毒親育ちなのかもわからないし、何が正常で何が異常なのかもわからないニャン
そういうときはチェックリストに照らし合わせてみるとわかりやすいわ
シロ
シロ

 

「自分はアダルトチルドレン?」

「なにをもってアダルトチルドレンと呼ぶの?」

 

そう疑問に思ったことはありませんか。

アダルトチルドレンに見られる特徴があります。

自分に当てはまる部分があれば、読書、セルフ・カウンセリング、通院などを通じて、治療していきましょう。

まずは自覚することが大切ね
シロ
シロ

「これでいい!」という確信がなかなか持てない

アダルトチルドレンは親に否定され続けます。

また、否定の内容に一貫性がないことも多く、親の気分がよければOK、ダメならNGということもめずらしくありません。

ですから子どもは

「これでいいんだ!」

という気持ちを持つことが出来ません。

物事のよしあしはすべて親が基準です。

アダルトチルドレンは自分の基準で判断することができません。

過干渉な毒親の呪い!「共依存」というマインドコントロール

自責の念が強すぎる

何か悪いことがあれば

「お前のせいだ」

と言われたり、何も言われなくても親の機嫌が悪くなったりするため子どもは

「自分がわるいんだ」

という気持ちになります。

また、子どもの悲しみを親が受け止めないため感情のはけ口を失って自責の念が強くなってしまうケースも非常に多いです。

毒親あるある【夫婦仲が悪い】夫婦喧嘩は子どもの脳を萎縮させる

承認欲求が強い

親に認められる機会がないため

「認めてほしい」

という欲求が消化されないままです。

自己肯定感がないため他人に承認され続けないと劣等感に悩まされます。

「放置型」の毒親に育てられた子に多いですね。

ついじまん話をしてしまったり弱点を隠したり、褒めてもらえないと不満に感じたりします。

ほかの人よりストレスを感じやすい人生ですね。

自分をよく見せるためにウソをつく

ありのままの自分を強く否定され、時には虐待に発展するため、自分をよく見せるためのウソをついてしまいます。

劣等感が強く

「今の自分には価値がない」

と思いこまされています。

親に失望されたり怒られないように、できないことを

「できる!」

と言ってしまいモヤモヤすることも。

ありのままの自分に自信が持てない人も多いです。

必要以上にまじめ

非現実的なまじめさを要求されて育ったため、必要以上にまじめです。

理想と現実のギャップに苦しんだり、考えすぎたりしてメンタルを病んでしまいます。

例えば

「絶対に何があっても他人の力は借りるな!」

とか、

「(24時間365日)いつでも人に会ったらニコニコしなさい!」

といった要求をされたりします。

仕事や勉強でも不必要に丁寧すぎたり進捗がおそかったりしてうまくいかないケースも。

自分は異常だと思っており、自己肯定感がない

ありのままの自分を否定されて育った上、周囲には愛情に恵まれてありのままの自分を認められて育った人が多いため、自分は異常なのではないかと常に思っています。

兄弟姉妹の中から毒親のいじめのターゲットに選ばれ、家庭内で疎外感を感じてしまうケースも多いですね。

 

「ほかの人は友達(恋人)が作れるのに自分には作れない」

「なんでみんな楽しそうなんだろう」

 

といった悩みをかかえがちに。

毒親育ちあるある【家族の作文、帰省しない、結婚したくない】ほか

物事を最後までやり遂げられない

物事の達成の邪魔をされたり、達成すると嫉妬されたり、からかわれたりして育つため、物事を最後までやり遂げるモチベーションを保つことが出来ません。

あとは信じる力が育っていないケースも多いでしょう。

たとえば

 

「クリスマスにサンタクロースは来る?(結局来ない)」

「お年玉いっぱい貯金して将来に備えようね(親に盗まれる)」

 

といったことが続くと子どもはものごとを信じることができなくなり、最後までやり遂げられない性格になりがちです。

他の選択肢があっても見えないことがある

親に

「こうしなさい!」

と命令され、自発的に他の選択肢をえらぶことを禁じられて育っているため、自ら他の道を見つけることが困難です。

 

「男(女)がそんなこと、みっともない!」

「うちの家系はずっとこうだったらおまえも従え!」

「そんなの嫌だからやめとけ(親の好み)」

 

といった風に親の価値観を押し付けられます。

毒親の操り人形にされる子どものパターン

楽しむことを知らない

親が不機嫌な時に子どもが楽しそうにすると、怒られたりイヤミを言われたりするため、楽しい時でも素直に楽しさを表現することが苦手です。

 

「親はこんなに苦労してるのに子どものおまえは楽しみやがって・・・!」

「だれのおかげでメシが食えると思ってるんだまったく!」

「遊ぶためのカネなんかないよ!」

 

といった環境で育った子どもは暗い性格になりがちです。

人と仲良くする方法がわからない

表面上は親と仲よくしているふりをしていても、本心では親のことが嫌いなため、人と仲よくなる方法がわかりません。

「いい親」

という幻想を作り上げて接しているから本物の人と付き合っている感覚がないのです。

まあ仕方ないですよね。親はライフライン(衣食住の提供者)ですからうわべだけでも仲がいいフリをしなければなりませんから。

また、不登校の原因になったりもします。

もっとくわしくチェックしたい方は・・・

毒親(毒親育ち)診断【特徴をチェック】(無料)

\今スグ!毒親から逃げる方法/