毒親に育てられたアダルトチルドレンの10の特徴

2020年11月21日

自分の弱点が相手を怒らせないかとびくびくしている人がいる。そこで他人にいつも迎合する。相手が自分の弱点を気にしているわけではなく、自分が自分で気にしているだけなのである。

出典


TATSUO
TATSUO
自分が毒親育ちなのかもわからないし、何が正常で何が異常なのかもわからないニャン
そういうときはチェックリストに照らし合わせてみるとわかりやすいわ
シロ
シロ

 

「自分はアダルトチルドレン?」

「なにをもってアダルトチルドレンと呼ぶの?」

 

そう疑問に思ったことはありませんか。

アダルトチルドレンに見られる特徴があります。

自分に当てはまる部分があれば、読書、セルフ・カウンセリング、通院などを通じて、治療していきます。

まずは自覚することが大切ね
シロ
シロ

「これでいい!」という確信がなかなか持てない

アダルトチルドレンは親に否定され続けます。

また、否定の内容に一貫性がないことも多く、子どもは「これでいいんだ!」という気持ちを持つことが出来ません。

物事のよしあしはすべて親が基準です。

なのでアダルトチルドレンは自分の基準で判断することができません。

過干渉な毒親の呪い!「共依存」というマインドコントロール

自責の念が強すぎる

何か悪いことがあれば「お前のせいだ」と言われたり、何も言われなくても親の機嫌が悪くなったりするため「自分がわるいんだ」という気持ちになります。

また、子どもの悲しみを親が受け止めないため感情のはけ口を失って自責の念が強くなってしまうケースも非常に多いです。

毒親は子どもに罪悪感を植え付けてコントロールする

承認欲求が強い

親に認められる機会がないため、「認めてほしい」という欲求が消化されないままです。

自己肯定感がないため他人に承認され続けないと劣等感に悩まされます。

「放置型」の毒親に育てられた子に多いです。

毒親の意味・定義とは?種類と特徴のまとめ

自分をよく見せるためにウソをつく

ありのままの自分を強く否定され、時には虐待に発展するため、自分をよく見せるためのウソをついてしまいます。

劣等感が強く「今の自分には価値がない」と思いこまされています。

必要以上にまじめ

非現実的なまじめさを要求されて育ったため、必要以上にまじめです。

理想と現実のギャップに苦しんだり、考えすぎたりしてメンタルを病んでしまいます。

例えば、絶対に何があっても他人の力は借りるな!とか、24時間365日いつでも人に会ったらニコニコしなさい!といった要求をされたりします。

楽観的になりたい!前向きでポジティブなプラス思考人間になるには?

自分は異常だと思っており、自己肯定感がない

ありのままの自分を否定されて育った上、周囲には愛情に恵まれ、ありのままの自分を認められて育った人が多いため、自分は異常なのではないかと常に思っています。

兄弟姉妹の中から毒親のいじめのターゲットに選ばれ、家庭内で疎外感を感じてしまうケースも多いですね。

物事を最後までやり遂げられない

物事の達成の邪魔をされたり、達成すると嫉妬されたり、からかわれたりして育つため、物事を最後までやり遂げるモチベーションを保つことが出来ません。

他の選択肢があっても見えないことがある

親に「こうしなさい!」と命令され、自発的に他の選択肢をえらぶことを禁じられて育っているため、自ら他の道を見つけることが困難です。

楽しむことを知らない

親が不機嫌な時に子どもが楽しそうにすると、怒られたりイヤミを言われたりするため、楽しい時でも素直に楽しさを表現することが苦手です。

人と仲良くする方法がわからない

表面上は親と仲よくしているふりをしていても、本心では親のことが嫌いなため、人と仲良くなる方法がわかりません。

不登校の原因になったりもします。

毒親育ちが不登校・ひきこもりになる11の原因と対処法

もっとくわしくチェックしたい方は・・・

毒親(毒親育ち)診断【特徴をチェック】

毒親育ち診断チェック【原因と対策】(ゲムオタブログ)