【激ムズ・死にゲー】PS4難易度ランキング9選【アクションゲーム、FPS】

2021年3月4日

 

「やりごたえのあるアクションゲームがやりたい!」

「アクションゲームを上達させたい!」

「死にゲー大好き!」

 

高難易度アクションゲーム大好きなドMなみなさんにおすすめのPS4ソフトをご紹介します。

難易度ランキングは投稿型レビューサイトPlayStation mk2より出典させていただきました。※2が平均値です。

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE 3.88
DARK SOULS III 3.73
Bloodborne 3.64
DARK SOULS II SCHOLAR OF THE FIRST SIN 3.54
仁王 3.42
The Surge 3.25
DARK SOULS REMASTERED 3.00
PREY 3.00
Wolfenstein II: The New Colossus 3.00※最高難易度はバケモノ

出典:PlayStation mk2

ではすべて全クリしたことのある私が感想を書いていきます。

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE

とにかく主人公が弱い!強化してもショボイ!

基本的に死にゲーはレベル上げの効果が薄いですが、とくにSEKIROは当てはまると感じました。

あと回避時の無敵時間が短い!

ネットの口コミではダークソウルみたいに回避重視で死んだプレイヤーの悲鳴だらけです。

SEKIROは「弾き」を上手く成功させないと勝てません。相手の攻撃タイミングに合わせてガードするいわゆる「ジャストガード」。

「ジャストガードは絶対ムリ」

と言い切る人すらいます。

保険をかけるのなら、

 

「早めのガード」

「運がよければジャストガード」

 

のプレイスタイルでよいでしょう。

ただしジャストガードに失敗ばかりすると主人公が怯みピンチになりますよ。

シロ
シロ
上手くできてますねー

もし自信があればジャストガードだけを狙ってもよいです。

そしてボスの中でとくに別格なのがラスボス。

ネタバレになるので伏せますが剣聖〇〇です。

第1形態じゃあ終わりません。武器の種類も増えて飛び道具まで出してくる始末!

倒すのに2時間かかりました・・・。


DARK SOULS III

ダークソウルシリーズの最終章だけあって気合入ってますw

主人公、敵の動き共に過去作とくらべて速くなりました。

反射神経が試されるゲームです。

また、何も考えずにローリングボタンを連打しているとちょうど無敵時間が切れたときに攻撃してくるボスが多数!

適切なタイミングでのローリング回避が求められます。

難易度ランキングでは2位ですが、レベルをガン上げして盾を使用すれば難易度は下がりますよ。

あと惜別(せきべつ)と呼ばれる1回死んでもHP1で耐える奇跡もあり、かけ直しができるため戦いやすくなります。


Bloodborne

ブラッドボーンの特徴は、

 

「しょぼい木の盾しかない」

「HP0で耐えるスペルがない」

「敵、主人公ともに動きが速い」

「マップが複雑」

「複数戦のボスが多い」

 

複数戦の場合は全体の状況をよく把握するスキルが必要になってきます。

もしくはオンラインプレイで協力者を召喚するのもよいでしょう。

あとマップが複雑なので地形を把握するスキルもいりますね。

「敵が強いし探索も難しい・・・!」

という点で心が折られるかもしれません。

盾はボロボロの壊れかけたやつだけですので無いと思ったほうがよいでしょうw

HP0で耐えるスペルがないのは精神的にプレッシャーがありますw


DARK SOULS II SCHOLAR OF THE FIRST SIN

全体的に動きがゆっくりで攻撃・回避ともに難しいです。

一番大変なのは回復アイテム「エスト瓶」を飲むとき。その場に立ち止まってゆっくり飲むから命がけですw

正確な動きをしないと死ぬゲームなのでゲームが上達したい人はプレイ推奨。

敵の数が多いことから「数の暴力」で知られるゲームでもあります。

ただ敵の動きにもスキがあるのでしっかり見切ればクリアできるハズ!

今作にも奇跡「惜別」があり、4分間有効でかけ直し可能なので活用すれば難易度を下げることはできます!

あと優秀な盾も多いので堅実なプレイも可能。ただし盾を使うと不利になるボスもいますので回避するしかない場面も。

間違ってPS3版を買わないように注意してください。


 

仁王(におう)

ダークソウルシリーズとは別の制作会社コーエーテクモゲームスが開発したソフトです。

HP0で耐えるスペルがないので精神的なプレッシャーがありますね。

敵の数も多くすばやいので正確なポジショニングが求められます。

初見だとボスの動きが複雑で難しく感じるかも知れませんが、パターンがわかりやすいので慣れれば対応できるでしょう。一部ゴリ押しが出来るボスもいます。

あとオンラインマルチプレイでもまあまあカンタンになりますよ。


 

The Surge

いちおうゲームシステムはダークソウルに似ていますが、メカばっかり出てくるので雰囲気はまったく違います。

でもThe Surgeはレベル上げによる恩恵がまあまあ大きいので多少は時間と根性で対応できますよ。

上手く属性防御を高めればボス戦も有利に進められます。

注意点はマップがなく、進路がわかりづらいこと。

どこに何があるか場所を把握して、人の話をよく聞く必要があります。

マップ、キャラの強化、ボス戦の立ち回りなど知識が有効なゲームなので攻略サイトを見るとけっこう難易度が下がります。


 

DARK SOULS REMASTERED

とにかく動きが遅い!遅すぎる!

純粋なアクションゲームスキルではなく不便さに慣れなきゃいけない難しさがあります。

しょせん2011年に発売されたゲームの「リマスター」であって「リメイク」ではないためゲームシステムはほぼそのまま。

発売当初は絶賛だったんですけどね・・・。今見直すとビミョー。

HP0で耐えるスペルがないため精神的プレッシャーはあるものの、レベル上げしやすくキャラが強くなります。

オンライン協力プレイで難易度を下げることもできますよ。

間違ってPS3版を買わないように注意してください。


 

PREY

PREYは敵の攻撃力が高く難しいゲームではありますが、いつでもセーブできるため難易度は比較的やさしいと言えます。

「いつでもやり直せる!」

というのは精神衛生上も好ましく、モチベーションを維持しやすいです。

でもマグレ勝ちはなく、アクションゲームのいい修行にはなりますよ。

マップは室内か宇宙のどちらか。ずっと暗ーい雰囲気なので苦手な人にはキビシイかも知れませんね。

ところでPREYにはひとつクセのある武器がありまして・・・

グルーキャノンって言うんですけど、なんか変な非殺傷の断熱材みたいのがモコモコ出てきます。

敵の動きを封じるための武器なんですが、使い慣れるのに時間がかかるかも知れません。

Wolfenstein(ウルフェンシュタイン) II: The New Colossus

個人的に今までの人生で最も難しかったゲーム。

最高難易度「人生一度きり」のトロフィー取得率は0.1%以下!

PS4のトロフィー取得率の最低値が0.1%ですので実際の数値は0.09%以下の可能性も充分にありえます!

で、何が難しいかって

最初から最後までセーブポイントがないんですよ

ボリュームは平均的なプレイで3時間。

ただでさえ敵が強くてすぐ死ぬというのに・・・。

プレッシャーがハンパじゃありませんw

さらに鬼畜なのが冒頭にスキップできないムービーが7分もあること。死んだらタイトルに戻されて強制的に見せられますw

メンタルにも来る”親切(心折)”設計!
タマ
タマ

なんかヒマつぶしのマンガ的なものが必要ですね。

あとウルフェンシュタインで特徴的なリーン(物陰から上体だけ傾けて覗く動作)と呼ばれる操作にも慣れる必要があります。

ただPS4をスタンバイ状態にして休憩できるのがせめてもの救いですね。

「ゲームが上達したい!」

という方にイチオシのゲームです。


ゲームを上達させる10の方法(ゲムオタブログ)