【PS4】仁王の感想を辛口評価【2/5点】

書いた人:TATSUO IYAMA

TATSUO Microsoft、KDDIのコールセンター(表彰歴)、ニフティクラウドやAndroidアプリの開発などIT歴20年。歌手はいだしょうこさんを絶賛。

ダークソウル3レベル1縛りカンスト周回クリア


Amazon評価:3.7/5

PlayStation mk2評価:78/100

※2020年11月11日時点

ゲムオタブログ評価


コーエーテクモゲームスとソニー・インタラクティブエンタテインメントが共同開発した鬼畜ゲー。

ダークソウルに似ている・・・はずが

なんか違う!

開発陣、やらかしましたw

シロ
シロ
仁王2は好評なんですけどね

カメラワークはよし

スッ、ピタッと気持ちよく動いてくれるし動きも速くできるので周囲を見渡しやすくとてもプレイしやすいです。

けっこう敵に囲まれるケースも多いゲームなのでカメラワークがきちんとしてくれているのはありがたいですね。

動きは軽快

思い通りに動いてくれるし変なクセもなくキャラの操作はしやすいです。

キビキビと思い通りに動いてくれて変な慣性やディレイがないのは高評価。

しかしながら後述の低評価部分が多いため要注意。

構えに3種類あるのは戦術が広がってGood

仁王の構えには3種類あります。

  • 上段・・・攻撃特化
  • 中段・・・防御特化
  • 下段・・・回避特化

敵の種類によって使い分けることで戦況が大きく変わるのが面白いですね。

意外に上段の構えでゴリ押しできる場面もそこそこありました。

シロ
シロ
意外に上段の構えでゴリ押しできる場面もそこそこありました。

協力プレイで難易度ダダ下がり

なんかソロでプレイするのがアホらしくなるぐらい協力プレイだとヌルゲーと化します。

協力プレイでもソロプレイと同じぐらいの難易度になるように調整してほしいところ。

シロ
シロ
世の中には「オフ専」なんて人もいるぐらいですからね

アホみたいにドロップする武器・防具の99%がゴミ

1%の当たりを見つけるために99%のゴミを拾わなきゃいけないのが苦痛w

付加効果の種類もムダに多く、いちいちチェックするのが面倒。

道具の整理が大変でした。

アクションゲームなのにいちいち道具の整理なんかに神経使いたくないですね。

鍛冶屋の存在が空気

「おー、武器を鍛えられるのか(ワクワク)」

いいえ。クエストで手に入る強い武器を使ったほうが手っ取り早いです。

鍛冶屋の存在意義がありませんwww

ためしに数回利用して

「あっ、よわっ( ^ω^)・・・」

と思ってから一度も鍛冶屋は利用しなくなりましたね。

スキルの数多すぎ問題

ざっと見たところスキルは100種類以上!

基本スキルとして刀、二刀、サムライ、ニンジャなど15種類ありそこからまたいくつも派生します。

チェックするだけでもめんどくさいですね。

もう少し統合してほしいところです。

落下死ポイント多すぎね?

落下死ポイント自体はあってもいいと思いますが、道中、ボス戦含めて多すぎかなーという気がします。

神経つかうからめんどくさいんですよねえ。

もうちょっと落下死する場所の数をバランスよくしてほしかったなーと思います。

敵が硬すぎ

ダクソシリーズにくらべて敵が硬いです。

あんまり防御力を上げられると、ただただめんどくさくなってきちゃうんですよねえ。

とくにリトライするときが一番めんどくさいです。

攻撃が届いたり届かなかったり

ラスボスは敵と主人公の距離が同じでも攻撃が届いたり届かなかったりしますw

開発元が勝手に決めた「いま当たる」「いま当たらない」ルールの強要www

出来のわるいスーファミソフトじゃないんだからさwww

総合評価【2/5点】

 

「1週ぐらいならやっても楽しいかなあ・・・?」

「いやあ、わざわざやる必要もなくね?」

 

ということでやや低めの2/5点です。

よいところよりイマイチなところが多い!

おすすめしません。