ハトが平和の象徴なのはなぜ?日本だけ?

2022年5月10日

書いた人:いやまん

いやまん Microsoft、KDDIのサポセン(表彰歴)、Androidアプリの開発などIT歴20年。歌手はいだしょうこさんを絶賛。

 

ハト
「そーいやハトが平和の象徴なのはなんで?」

なんとなく”そういうもの”として覚えてしまっている平和の象徴ハト。説明できる人は多くないのでは。

なぜハトは平和の象徴になった?

ハト

平和の象徴といえばハトですがいきなり言われても理由がピンとこないですよね。

旧約聖書「ノアの箱舟」で洪水の終わりを告げたから

神「人間は堕落してしまった。しかしノアよ。お前だけは違った。

そこで君だけに生き残るための知恵を授けよう。私はこの先に大洪水を起こすつもりだ。そこで君にはその大災害を生きのびるために必要な巨大な方舟の造り方を教えよう。

そして、そこにあらゆる動物を1つがいずつ乗せるのだ。わかったね」

出典:旧約聖書

ハトを放ったところオリーブの枝をくわえて戻ってきました。

オリーブの枝がある=洪水が引いた場所があるということがわかり平和の象徴となりました。

ではそもそもなぜ旧約聖書でハトが選ばれたのでしょうか?

穀物しか食べないから

肉を食べない=ほかの動物を捕獲しないことから平和主義のイメージが定着。

のちに平和の象徴となりました。

繁殖力と生命力があるから

ハトは生まれてからわずか半年で子どもを産めるようになり年間5、6回も産卵します。

たくましい繁殖力と生命力の持ち主であることから平和の象徴とされているのです。

夫婦でキスをするから

仲よくキスをする光景から平和をイメージできますね。

世界平和会議のポスターにハトが描かれたから

ハトの絵

出典:https://m.media-amazon.com/images/I/51C5-8BFlnL._AC_SS450_.jpg

ハトが平和の象徴なのは日本だけではありません。

1949年にパリで開かれた「第一回平和擁護世界大会」のポスターにピカソが描いたハトの絵がきっかけで世界的にハトが平和の象徴となりました。

じつは縄張り意識が強く凶暴なハト

人間を襲わないしハト同士のケンカもあまり見かけないことから温厚なイメージがつよいハト。

積極的に攻撃することはないものの縄張りに入られると狂暴になります。

シロ
シロ
守るために戦うところは日本の自衛隊みたいですね。

平和の象徴はハト以外の動物でもいる?

平和の象徴とされている動物はハトだけです。

たしかに思い浮かばねえな
タマ
タマ

でも動物以外ならいくつか平和の象徴があります。

オリーブの枝

オリーブの枝

出典:https://d2v9opmik2a3uk.cloudfront.net/uploads/2015/07/16153451/3392edcb40a3a980d2336e7fc9a5ccc9.jpg

旧約聖書でハトが運んできたオリーブの枝そのものも平和の象徴とされています。

Vサイン

Vサイン

写真を撮るときによくやるポーズですよね。

しかし平和とは真逆の意味であるV(Victory 勝利)サインがなぜ”ピース”と呼ばれ平和の象徴に?

理由はベトナム戦争に反対する人がVサインをして

「ピース!!」

と叫んでいたから。

もともとVサイン自体には"勝利"の意味しかありませんでした。

平和を意味していたのはVサインそのものではなく”ピース”という言葉のほうだったのですね。

ピースマーク

ピースマーク

芸術家・デザイナーのジェラルド・ホルトムが考案。

手旗信号の"N"と"D"を重ね合わせてNuclear Disarmament(核軍縮)を意味するマークを作りました。

虹色の旗

平和の旗

出典:Wikipedia

1960年代にイタリアで考案。

「多様性の下の統一」を意味し2003年のイラク戦争から反戦運動で使われるようになりました。

折鶴

折り鶴

出典:https://support.epson.net/assets/article128/images/i1_01.jpg

第二次世界大戦での原爆死没者の慰霊と世界恒久平和を祈念して開設された平和記念公園には毎年たくさんの折り鶴が贈られてきます。

戦争の死者への祈り=平和の象徴となったのですね。

壊された銃

壊された銃

出典:Wikipedia

戦争抵抗者インターナショナル(WRI)と関連団体が使用している平和のマークです。

わかりやすいですね。

白いポピー(花)

白いポピー

出典:Wikipedia

1933年に協同組合女性ギルドが反戦運動として白いポピーを配布したことがきっかけで平和の象徴となりました。

リョーリフの平和のバナー

リョーリフの平和のバナー

出典:Wikipedia

ロシアの芸術家、文化活動家、哲学者ニコライ・リョーリフが考案したバナー。

もともとは文化財保護運動のために使われていたバナーが平和の象徴としても利用されるようになりました。

日本の平和の鐘

平和の鐘

出典:https://peace-bell.com/wp/wp-content/uploads/01_01.jpg

平和を願う人々によってつくられた鐘。

国際連合本部ビルに設置されています。

ハトが平和の象徴である理由はいくつかあったんですね。