プログラマーの将来性と4つのメリット・3つのデメリットとは?

書いた人:TATSUO IYAMA

TATSUO Microsoft、KDDIのコールセンター(表彰歴)、ニフティクラウドやAndroidアプリの開発などIT歴20年。歌手はいだしょうこさんを絶賛。

ダークソウル3レベル1縛りカンスト周回クリア


 

「プログラマーに興味があるけど、メリット・デメリットはどんなかんじ?」

「これからの時代の選択肢としてプログラマーはアリ?」

 

さいきんやたらとプログラミングスクールが流行ってますよね。

ITが発達してきて興味を持ち始めた人が多いようです。

プログラマーのよしあしをいったん整理して考えてみましょう!

プログラマーのメリット

専門スキルが身につく

プログラミング自体、非日常的なものですからね。

専門スキルが高ければ高いほど競合を減らすことができます。

逆に専門スキルがない仕事だと

「代わりはいくらでもいるんだよ・・・Ψ(`∀´)Ψケケケ」

と経営者にこき使われて捨てられるリスクが高まります。

ですから専門スキルを高められるのはプログラマーのメリットです。

求人が多い

IT系の求人を見るとわかりますが、たくさんの人材が募集されています。

なかには

 

「未経験可!」

「高卒以上!」

 

といった、ゆるい条件の求人も。

シロ
シロ
プログラマーが少ないので相対的に求人のほうが多くなっているんですね。

独立できるチャンスもアリ

ずっと会社に勤め続けるのもいいですし、独自にプログラムを作って独立するチャンスもあります。

たとえばボケてみたいなおもしろサービスとかteratailのような実用的なQ&Aサイトを構築してもよいでしょう。

あと、このサイトみたいにWordPressを使ってブログを運営するエンジニアになるという手段もありますよ。

とくにブロガーは年間の運営費が3,600円~とひじょうに低コストでチャレンジできるので、とりあえず副業としておすすめです。

シロ
シロ
軌道に乗れば本業にできるチャンスもあり

自営業のメリット・デメリットまとめ

勤務時間や服装が自由の職場が多い【結果重視】

とにかくプログラマーに求められるのは

「動くものをつくること」

根性論とか愛嬌なんてクソの役にも立たない職場です。

知識とスキルだけが重宝される世界なのです。

シロ
シロ
コンピューターは仕事をラクに効率化するために作られたものですからね。

なので勤務時間はフレックス制を採用している職場が多いですし、服装も自由なところが多いです。

職場にもよりますが穴あきジーンズ、茶髪、丸坊主などが許されるケースもあります。

プログラマーのデメリット

AIに自動化されるリスク

プログラマーに限った話ではありませんがAIに仕事を奪われるリスクがあります。

理想的なエクスペリエンスの設計と提供には手間がかかるものですが、Adobe Senseiの人工知能(AI)とマシンラーニング(機械学習)を活用すれば容易です。

出典:Adobe

Amazon Web Services

(中略)

各組織が独自に保有し、仕様変更には長時間の物理的な作業を必要とするサーバファームと比較して、AWSは需要に応じた計算能力を、設定変更のみで速やかに提供出来ることが強みである。

出典:Wikipedia

 

とくにさいきんはAdobe SenseiというAIが期待されています。

人間や動物を認識してポーズを自由に変えたり、〇で囲ったオブジェクトが消えたり、AIが発達してきていることがわかります。

「じゃあAdobe Senseiは誰がつくんの?」

けっきょく人間が作るしかないと思います。

まだまだ何とも言えません。車の自動運転だって事故ってますからねw

ただ将来が不透明というだけで、成功するか失敗するかはどちらにも転ぶ可能性があります。

AIによる完全自動化がされる日が来るかも知れません。

Adobe SenseiそのものまでAIで1から作られたらもうお手上げw
タマ
タマ

でもAI(Artificial Intelligence)が発達することによってBI(Basic Income)の期待が高まるとも言われています。

「AI ベーシックインカム 関係」でGoogle検索するといろいろ出てきますよ。

また、AIによってかなりの職が失われると予想されています。

AIに奪われない仕事を探すっていうのはむずかしいんですね。

仕事の将来性が不安?将来性がある仕事リストを見てみよう!

つねに勉強が必要

勤務中はもちろん、家に帰っても勉強し続けているプログラマーは多いです。

日進月歩の世界なので勉強し続けないと追いつかないんですね。

「パソコンやメカ、そしてプログラミングが大好き!」

という人にしかプログラマーは勤まりません。

 

「テレビゲームもしたいしぃ~」

「外出もしたいなあ」

「趣味の時間はぜったいにゆずれない!!」

 

といった方はプログラマー以外の道を探したほうがよいでしょう。

プログラミングは難しい!カンタンではない理由とつらいところ

納期前がやたら忙しい!体力勝負

プログラマーはヒマなときと忙しいときの差が激しいです。

プログラムの納期が近づいてくるについて忙しくなってきます。

  • 予定通りに進んでいない!
  • クライアントとの認識に行き違いがあった!
  • 単体テストではうまくいってたのに結合テストで失敗した!
  • 大勢でテストしたら負荷に耐えられない!
  • テスト環境では動いてたのに本番環境では動かない!
  • 急な仕様追加を要求された!

頭をグルグル回転させて長く集中力を保つ体力が必要になってきます。

納期が近づけば焦りますから精神衛生上もあまりよろしくありませんね。

納期前のプログラマーは長時間労働でクタクタになることがめずらしくないんです。