やめろ!なぜ杉の木を切らないで植える?【カネかかるから】

2022年3月30日

森林伐採

 

「花粉症がつらい」

「さっさと切ればいいのに」

 

花粉症で苦しんでいる人たちは思いますよね。

洗濯物は外に干せないし目がかゆくてクシャミと鼻水がひどい!

仕事にならなくて大変な思いをしている人も多いでしょう。

しかし意外に杉の木を残しておくメリットもけっこうあるんです。

もともとは需要があったから植えた

木材

第2次世界大戦のあいだ軍の建物や防空壕、船、などが沢山作られました。

加工しやすくて成長が早いこともあり、杉の木は有効活用されていたんですね。

当時は花粉症なんてものは存在せずガンガン植えちゃってました( ^ω^)・・・。

杉の木を切らない理由

さっさと切りゃあみんな幸せなものを切らないってことは理由があります。

人手不足で切る人がいない

林業従事者

出典:https://www.rinya.maff.go.jp/j/routai/hatarakikata/attach/pdf/ringyou-23.pdf

林業の従事者は年々減少傾向にあります。

田舎が過疎ってるのもありますし泥くさい仕事を嫌がる若者が増えたのも一因ですね。

シロ
シロ
花粉症対策も大事ですが製造業・建築業も無視できませんよね。

カネがかかる

林業の平均月収はおよそ30万円。平均日給は11,910円です。

そして杉の伐採費用はサイズによって5,000円~9,000円

海外の安い木材が人気に!日本の杉は買う人がいない

木材の国内生産量

出典:https://moriwaku.jp/learn/845/

国産の木材より海外の輸入品のほうが人気です。

海外は広大な土地でマシンを使って効率よく木材を流通させています。

いっぽう日本は狭い土地で木材を流通させるから費用がかかってしまいますね。

なお日本の国民ひとりあたりのGDP(国内総生産)は世界24位。

「サービス残業」

なーんて言葉があるように、日本人は要領がわるいんですね。

地球温暖化防止に役立っているから

例えば、適切に手入れされている36~40年生の スギ人工林は1ヘクタール当たり約302トンの二酸化炭素(炭素量に換算すると約82トン)注1を蓄えていると推定されます。

出典:林野庁

杉が二酸化炭素を吸収することで地球温暖化防止に役立っています。

シンプルに考えても二酸化炭素が減って新鮮な酸素が増えれば空気がキレイになりますよね。

杉の木は役に立っている部分もあるのです。

土砂崩れの予防になっているから

杉の木が植えてあることで根っ子が土壌をブロックして安定させてくれます。

また木どうしの根がつながることで強度がアップ!

さらに土壌の水分を吸収して崩れにくくする効果もあります。

花粉症と土砂崩れどちらがリスキーかと言えば・・・命のキケンがある土砂崩れのほうが危ないですよね。

ですからカンタンに杉の木を切ることはできないのです。

杉以外の木を植えられればいいんだけどね
タマ
タマ

国は花粉が少ない杉を開発している

植え替え費用はかかるものの花粉が少ない杉にすることでメリットを残したまま花粉症というデメリットを解消することができます。

杉

出典:林野庁

花粉症の人たちにとって救世主になりそうですね!

この世から花粉症に苦しむ人を減らすためには花粉が少ない杉への植え替えに期待するしかありません。

シロ
シロ
もっと国からの補助金が出ればいいのにね。