【DELLコスパよし】ASUSの故障率と価格からコスパを割り出してみた!

2020年12月10日

 

「安くても性能が低かったりすぐに壊れたら意味ないよなー」

「コスパのいいパソコンメーカーってどこなんだろう?」

 

という発想の持ち主はかしこいですね。

性能と価格、両方をきちんと考えた「コストパフォーマンス」がいちばん大事です。

コストパフォーマンスのよいPCメーカーを割り出してみました。

【5年以内の故障率】ASUSの故障率にくらべDELLの故障率は1.47倍

1位 ASUS

5年以内の故障率の合計13.26%


2位 HP

5年以内の故障率の合計15.15%


3位 Lenovo

5年以内の故障率の合計16.15%


13位 DELL

5年以内の故障率の合計19.48%

出典:https://net-shitsuji.jp/

1位のASUSよりDELLのほうが5年以内の故障率は6.22%高いですね。およそ1.47倍です。

そうは言っても、たとえば「ASUSのPCは価格が2倍!」となればASUSのPCは割高になりますよね。

では、メーカーごとの価格を比較してみましょう!

DELLのPCよりASUSのPCのほうがおよそ1.85倍高価!

価格ドットコムで同程度の性能のPCを比較してみました。

今回は1番人気のDELL Vostro 15 3000(3581)と同程度のPCの価格を比較します。

メーカー 価格+送料 CPUスコア メモリ HDD/SSD モニタ
ASUS 70,524円 3607 4GB SSD:128GB 14インチ
HP 51,624円 3546 4GB SSD:128GB 15.6インチ
Lenovo 49,739円 3546 4GB SSD:128GB 15.6インチ
DELL 38,220円 3546 4GB SSD:128GB 15.6インチ

上記の表をふまえて故障率と価格を比較してみましょう。

DELLのPCは多少こわれやすいものの、それ以上にどのメーカーも価格が高いことがわかりました。

メーカー DELL故障率/メーカー故障率 メーカー価格/DELL価格
ASUS 1.47倍 1.85倍
HP 1.29倍 1.35倍
Lenovo 1.21倍 1.30倍

 

  • ASUSよりDELLの方が1.47倍壊れやすい。価格は1.85倍高いので割高ですね。
  • HPよりDELLのほうが1.29倍壊れやすい。価格は1.35倍なので少しだけ割高です。
  • LenovoよりDELLの方が1.21倍壊れやすい。価格は1.30倍なので割高という見方ができます。

 

「コスパも大事だけど、壊れにくいのも大事!」

という方はHPやLenovoを選んでもよさそうですね。

ここでおぼえるべきはDELL故障率/メーカー故障率の数値です。

PCを探すとき、DELL故障率/メーカー故障率よりメーカー価格/DELL価格が高ければ割高という見方ができます。

そしてどのPCを選ぶかは好みによります。

 

「壊れちゃったときの手間賃を考えれば少しぐらい割高でもいいや」

「あたらしいPCが届くまでのタイムロスのリスクを減らしたいから壊れにくいやつ!」

「バックアップはカンペキ!いつ買い替えてもいいから、いっちゃんコスパ高いやつがいい!」

 

シロ
シロ
人それぞれの性格やPCの用途によってさまざまですね!

ちなみに壊れたPCはヤフオクラクマメルカリあたりでジャンク品として出品すればPCにくわしい人が部品取りや修理して再利用するために買い取ってくれます。

そのため購入時の箱はとっておいたほうが発送するときにラクですね。

価格は落札相場検索サイトオークファンで「ジャンク 機種名」と調べればわかりますが、価格は数千円~数万円です。

故障の原因や機種、発売日などによってさまざまですね。

相場を調べるのがむずかしければオークション形式のヤフオクがおすすめ。

【大前提】バックアップをとろう!【クラウドストレージ最強】

クラウドストレージ

どのメーカーを選ぶときもそうですが、バックアップをカンペキに取っておくことはキホンですよね。

とくに「コスパはいいけどこわれやすい」PCを買うときはバックアップと復旧をすみやかに行えるようにしておくと精神衛生上好ましいでしょう。

バックアップはクラウドストレージを使うのが最強です。

なんたってGoogleとかMicrosoftにネット経由でデータを預けられるわけですからね!

地震、火事、落雷、盗難・・・なにが起きてもセーフですよ。

有名な無料~のクラウドストレージサービス

【おすすめ】Googleドライブ

  • 無料容量:15GB(※メールボックス、高解像度写真を含む)
  • 有料版:下記のとおり

Googleドライブの料金

無料容量はメールボックスや高解像度写真と共有ですが、それでも15GBはでかい!

Googleドライブ

OneDrive

  • 無料容量:5GB
  • 有料版:249円/月(100GB)、1,274円/月(1TB)、12,744円/年(1TB)※Office 365、Office 365 soloの利用者は1TBまで追加料金なしで利用可

OneDrive

DropBox

  • 無料容量:2GB
  • 有料版:12,000円/年(1TB)

DropBox

DELLのPCが遅い!いらないソフトをアンインストール【高速化】