毒親の介護をしたくない!法的義務はないので放棄しよう!【見捨てろ】

2020年11月21日

 毒親の介護をしたくない

「自分をいじめた親を手厚く介護するなんてムリ!」

「親が年老いたら急に甘えてきた」

「今まではずっと威張ってたのに」

「納得いかない」

「でも親の介護をしないと非難されそう」

 

親が子どもを扶養する義務はありますが、子どもが親を扶養する法的義務はありません。

同居して介護を放棄すれば保護責任者遺棄罪に問われますが、別居していれば罪には問われないと弁護士が回答しています。

 

「毒親と絶縁しているけど介護しないと逮捕される?」

「親の老後は放っておいても罪に問われないの?」

 

といった心配が頭をよぎるかもしれませんね。

兵庫県警明石署は29日、寝たきりで衰弱した同居の実母(85)に治療を受けさせるなどせず、意識不明の重体にしたとして、保護責任者遺棄致傷の疑いで息子の同県明石市魚住町住吉、アルバイト、永谷仁容疑者(53)を逮捕した。

出典:産経WEST

逮捕されたというニュースを見ると心配になってしまうかもしれませんね。

しかし「保護責任者遺棄罪」が問われるのは、親と同居中であった場合のみです。

ひと安心ね
シロ
シロ

遠慮なく絶縁を検討しましょう!

【法律の観点】弁護士「一切かかわらなければ扶養義務はない」

別居中なら保護責任者遺棄罪に問われない

弁護士

書かれた状況からは,病院に”今後は母とかかわらない”旨伝えて,何もせずに手を引かれることをお勧めしたいです。
ただ,念のため市町村の高齢者担当所管課に状況報告だけはされておいた方が無難とは思います。

お母さんが死亡した際に責任などを問われる可能性があるのは,中途半端に保護を開始した場合です。最初から一切かかわらなければ,法的責任を問われることはありません。

出典:弁護士ドットコム

「お母さんが死亡した際に責任などを問われる可能性があるのは,中途半端に保護を開始した場合です。」

弁護士が実名で断言してます。

「子どもが親の介護を放棄して死亡しても罪に問われない」

というのは大きなアドヴァンテージになります。

毒親と戦うこともできますし、逆に絶縁することもできますからね。

ですから黙って家出をすることも可能なんです。

もしくは

「そんなことばっかやってると将来介護しねーぞ!」

と切り札を出してもよいでしょう。

「でも育ててもらった恩があるからためらってしまう・・・」

という方は下記の記事がおすすめ。

犬や猫ですら飼う前に覚悟が必要なのですから、ましてや人間を産むと決めたのなら育てるのが当たり前なのです。

恩着せがましい毒親の心理・対処法【無理に出産をする必要はない】

毒親に訴えられても、介護は余力の範囲内で良い

弁護士

確かに、民法877条1項は直系血族間の扶養義務を定めていますので、子は親に対する扶養義務があります。
ただし、親に対する扶養義務の程度は、親に十分な生活能力がなく援助の必要がある場合に、子が自分の地位に見合った生活をしてなお余力がある範囲ですべきものとされています。
また、扶養の具体的な内容について当事者間で協議が整わない場合、家庭裁判所が決めることになります。

出典:弁護士ドットコム

不幸中の幸いと言いますか、子どもが親の介護をする絶対的な強制力はありません。

法律上親子の縁を切ることはできなくても事実上の絶縁は可能です。

毒親に扶養を求められても

「そんな余裕ない!」

でおしまいです。

子どもが

「親の介護したくない」

と言うのは親の責任ですよ。

ごくごく普通の平均的な育て方をしていれば子が親を介護したいと思うのが当然ですから。

報復したいときは毒親を訴えてやり返す【ただし必ず証拠がいる】

親を訴えることは可能ですが証拠集めが必要です。

弁護士

もちろん、訴えられないことはないですが、
そのためには証拠を固める必要があります。
また、過去の被害については、時効という壁があります。
ご自分で訴訟をするのが難しいと弁護士に頼む費用も
かかります。
可能であれば、まずは現状を交通整理するために
弁護士に法律相談をされてみることをオススメします。

ちなみに、今は両親と同居されてますか?
まずは、現在の居住環境を変えることが先決のような
気もします。
シェルターのような避難場所があれば、そこに移られる
ことも検討された方がいいように思われます。
この点については、行政に相談してみてください。

出典:弁護士ドットコム

なかなか未成年のうちから

「裁判のために証拠を残そう!」

という発想には至らないかもしれませんね。

仮に証拠があっても弁護士費用は高額です。

確実な証拠が固まっていなければ、戦うよりも絶縁したほうがよいでしょう。

引っ越しをして毒親から逃げよう!距離を置くのが一番【一人暮らし】

長男・長女だからと言って特別な扶養義務はない

弁護士

「1.長男だからといって25年以上連絡取りあっていない父親の扶養をしなければならないのか? 」

成人した子と親との間の扶養義務は、生活扶助義務とされます。その趣旨は、義務者の余力の範囲内で具体的扶養義務が発生するということです。ご相談者に余力が無い場合は扶養する義務はありません。また、25年以上没交渉だったということ、そのようになる経緯といったことも扶養義務を課すにあたって斟酌されます。また、監護(介護、面倒見)については、法的に強制することはできません。したがって、帰ってきて面倒を見ろというような請求はできないということです。

出典:弁護士ドットコム

長男・長女にとっては朗報ですね。

世間では

「長男・長女なんだから親の扶養をしようよ」

と言われるかも知れませんが知ったこっちゃありません。

むしろ長男・長女のほうが毒親にとって初めての子育てで、いちばん毒におかされている被害者のケースが多いでしょう。

世の中の仕組みの多くはアダルトチルドレンに不利で、親子の絶縁を認めていなかったり、戸籍に家族の住所が書かれたりします。

しかし扶養義務については法律的にアダルトチルドレンに有利です。ありがたいですね。

メールの返信はせず、手紙も無視して連絡を絶つ

ゴミ箱

やり取りの履歴を残さないにために、毒親からのメールや手紙には返事をしないほうがよいです。

「親の介護が必要と知っていて助けなかったのか!」

などと責められても面倒ですからね。

あとできれば精神衛生の面でも電話番号を変えましょう。

さらに市役所で住民票と戸籍の附票の閲覧制限をかけておくと完璧です。

話の通じる相手なら、最初から問題は起きていないわ
シロ
シロ

郵便や宅配便は受け取り拒否が可能

No

普通郵便は配達後でも未開封なら受取拒否が可能です。

宛て名面に

「受取拒絶」

と明記し、押印もしくは署名した上で、郵便局に持っていくかポストに投函するだけ。

宅配便やゆうパックなど、受け取りが必要なものは、口頭で

「受け取り拒否」

とだけ伝えればOKです。

受け取りを拒否したことは、毒親に伝わりますので、キッパリと意思表示することができます。

中途半端な姿勢は逆効果よ
シロ
シロ

扶養義務から逃れるために、早めに引っ越そう

親の介護を放棄したとき、同居していたばっかりに扶養責任を問われて逮捕・・・という可能性も否定できません。

もし今、毒親と同居中なら一刻も早く引っ越しましょう。

毒親の毒にやられているとなかなか動き出す元気がないというのもわかりますが、動かなければどんどん不幸になる一方です。

人生は動かなければ死ぬのです。火事やガンとおなじです。今すぐ動きましょう。

【3千円~】お金がなくても今すぐ毒親から逃げる方法【寮付き】

「誰のおかげでメシが食えると思ってるんだ!」

人に尊敬と感謝を求めるときには、人は無理を始めている。そして、無理しているから尊敬と感謝がほしい。 人が自分を認めてくれないことを憂えるのではなく、自分が人を認めていないことを憂えるようになれば大人である。

加藤諦三

子どもの前でわざと

 

「あー、お金を稼ぐのは大変」

「親は稼いでいるのだから偉い」

 

という態度をとったり、お小遣いをあげる時

「きちんと勉強しろよ」

と重々しい雰囲気で説教をしたり、子どもの無駄遣いを厳しく責めたりします。

毒親は見返りを求めるため、何をするにも恩着せがましいです。

親が子どもを育てるのはあたりまえのことなんですよ。

「でも育ててもらった恩がある」

という気持ちが消えない人は下記の記事をおすすめします。

恩着せがましい毒親の心理・対処法【無理に出産をする必要はない】

毒親の図々しい手のひら返し「親孝行」が口癖になる老害

毒親はさんざん子どもには恩を着せておいて、親が年をとって介護が必要になったとたん

「家族のお金はみんなのお金」

と、平気で言いだします。

そして虐待はなかったことになっているのです。

子どもを殴ったけど、自分は殴られたくない。精神的虐待をしたけど、自分には優しくしてほしいというのが毒親です。

都合のいい話ね
シロ
シロ

毒親が急に優しい言葉をかけてきて気持ち悪い

介護

本当に親が優しくなり、子どもも「これなら仲良くできそうだ」と思えるなら、もちろんいちばんの理想でしょう。

しかし理想と現実のギャップはつきもの。

気をつけるべきこととして

 

「親が介護されたいから丸くなっただけではないか」

「わたし自身が理想の親の幻想を抱いているのではないか」

 

という2点について、よく考える必要はあります。

真実をよく見極めることが大切です。

介護のコストは大きく、時間・金銭・精神を多く削られますよ。

自分の幸せのために、よーく考えて
シロ
シロ

「ガンになった・・・」毒親の老後の病気アピール

病気の人

年老いた途端、病気アピールするのは、毒親あるあるです。

子どものことをいじめておきながら、自分が年老いたらやさしくされたいと言い出します。

毒親は子どもが大きくなっても、子どもの頭を悩ませます。

毒親は精神が子どもだからかまってほしくてしょうがないのです。

老人ホームへの入居を嫌がる。認知症なら、さらに面倒をかける

怒る老人

「見捨てるのか!」子どもは親を介護するのが当然と思っている

 

「捨てられる」

「プライドが許さない」

「環境を変えたくない」

 

といった理由で老人ホームへの入居を拒まれることがあります。

「子どもが親を介護するのはとうぜん」

と考える毒親は少なくありません。

「絶対に自分は介護してもらえる」と思っていたから、子どもに肉体的・精神的暴力を振るってきたのです。

「ここまで育ててやったのに!恩を忘れたのかい!」

と言う毒親も多いです。

ほんと、不公平よね
シロ
シロ
「うるせえ、お前のことがきらいなんだよ」

きちんと意思表示することがたいせつです。

そしてキッパリ絶縁しましょう。

恩着せがましい毒親の心理・対処法【無理に出産をする必要はない】

子どもを尊重するのが20年遅い

子育て

子どもにしたことは親に返ってきます。本来なら子どもが生まれた時から、子どもを大切にすべきでした。

子どもが大人になってから急に態度を変えても遅いのです。

 

「子どもが大人になるのはまだ10年、20年も先」

「まだまだ親のほうが力関係は上」

「思い通りに支配してやる」

などと舐めていると、子どもはおぼえていますからね。

「子は親の鏡」

と言います。親が子どもを大切にしないような人間だから、子どもが親を大切にすることを学べなかったのです。

【虐待防止】子どもから毒親への復讐には気を付けてね

「親を介護したくない」というのはよほどのこと

首を横に振る女性

もし放任主義で育てられたとしても、子どもは親を喜んで助けるはずです。

子どものことに無関心で、衣食住だけ提供するというような親でも、子どもは親を助けたいと思うはずです。

「親を助けたくない」

と思うのは、よほどのことです。死にかけるほどの肉体的暴力があったか、自殺に追い込まれるほどの精神的虐待があったのでしょう。

とんでもないことをするのには、とんでもない理由があるのです。

「どこから毒親」は子どもが決めること

怒る子ども

パワハラ・セクハラなどが被害者の意見優先なのと同じで、毒親・虐待なども被害者の意見優先です。

加害者の意見優先だと、すべて

「ちがう!」

で片付けられてしまいますから。

虐待かどうかは保護者の意図にかかわらず、子どもの視点で判断します。保護者が「子どものことを思ってのしつけだ」と考えていても、子どもにとって有害であり、子どもが苦痛を感じていれば「虐待」です。
虐待は子どもの人権を著しく侵害し、心身の成長及び人格の形成に重大な影響を与えます。

出典:名古屋市

毒親だと思ったら子どもの判断で介護を拒否してよいのです。

毒親育ち診断チェック【原因と対策】(ゲムオタブログ)