【なぜ】露出狂の心理・事件・対処法【公然わいせつ】

2021年3月3日

たまーにニュースで見ますよね、露出狂。警察に通報されてあえなく御用ってやつ。

女性に嫌がられることがわかっているのに、彼らはなぜ露出するのでしょうか?

不思議ですよね。

 

「露出狂に遭遇したらどうするべき?」

「なんで露出狂なんているの?」

今回は露出狂のナゾに迫ります。

露出狂の心理【例えようのない解放感と羞恥心】

裸の王様

「やはり未成熟の女子高生に見られるのが一番興奮する」

(中略)

「2年前の夏ごろ、ススキノで飲んで酔っ払い、自宅付近まで帰って来てふと気がつくと、素っ裸で路上に寝ていた。この時、例えようのない解放感と羞恥心に快感を覚えてしまって、それ以来『恥ずかしい姿を見られている自分』というシチュエーションに異常な興奮を感じるようになり、自慰行為をするようになった。成人した女性でも感じるが、やはり未成熟の女子高生に見られるのが一番興奮する」

(中略)

「自分がやった公然わいせつ事件が発信されたのを確認し、騒ぎになっているのを見て楽しんでいた」

出典:文春オンライン

【犯人の動機】解放感、羞恥心、コンプレックス

「未成熟」の女子高生に見られると「解放感」と「羞恥心」を感じる

未成熟の思春期に性に対する厳しい制限があり、反動で露出行為におよんだのもひとつの動機と言えるでしょう。

また、「羞恥心」に快感を感じていたことから犯人はドMだと思われます。

自分がやった公然わいせつ事件が騒ぎになっているのを楽しんでいた

露出狂の心理のひとつとして

「男としての自信がない」

という点があげられています。

騒ぎになっているのを楽しむことで

「自分は男だ」

ということを再認識したかったのでしょう。

こうした露出への欲求の背景は、性器の大小にまつわる劣等感、異性に対するコミュニケーション不全、社会的地位が不当に低いことへの不満、などが類推されているが個人差が大きく万人が納得できる場合は少ない。

出典:Wikipedia

動機はさまざまということですね。

ふだん女性と接する機会があまりない、もしくはうまく女性と接することができない反動で露出行為におよんでいるケースもあります。

露出狂の事件

新聞紙

【実名報道】露出狂の事件【はずかしい】

マンションの通路で下半身を露出したとして、福岡県警筑紫野署は28日、公然わいせつの疑いで、同県太宰府市五条2丁目、福岡市立小学校の用務員、宮田庄司容疑者(62)を逮捕した。

出典:西日本新聞

マンションの通路なんて見つかったらすぐ足がつきそうですね。

おもいっきり実名報道されちゃってます。

もしめずらしい名前の人なら「あいつやー!」って知り合いに一発でバレちゃいますね。

【お酒の魔力】

基地によると、2佐は昨年10月21日午前0時25分ごろ、西武池袋線の練馬高野台-石神井公園間を走行中の電車内で、陰部を露出させた。座っていた女性が目撃。現行犯逮捕された。

2佐は休日で当時、酒を飲んでおり「はっきり覚えていない」と話しているという。12月21日付で不起訴処分となった。

出典:SANKEI NEWS

お酒を飲んでバカになっちゃったようです。野生に帰りたかったんでしょうかね。

日本では「酔っていた」が免罪符になりやすいです。

電車に乗ってモノを出しながらボーっと座っていたぐらいなら不起訴になることもあるでしょう。

【修行のため?!】

逮捕されたのは、自称・岐阜市の56歳の男です。男は2日午前5時40分ごろ、岐阜市神田町の路上で、通行人に対して全裸で陰部を露出した公然わいせつの疑いです。

通行人の女性が、「素っ裸の男が歩いている」と通報し、駆けつけた警察官によって確保され、その後逮捕されました。

警察の調べに対し男は「わいせつ目的ではない、修行するためだった」と、容疑を否認しています。

出典:https://egg.5ch.net/

いったい何の修行をしていたのでしょうか・・・

【無視】露出狂の対処法【110番通報】

無視する人

上記のとおり露出狂は被害者の反応を楽しんでいますから、遭遇したら無視をするのが一番です。

あとは露出狂から距離が離れたら110番通報をすればカンペキです。

最近のスマホはGPS機能で現在地が警察に送られますから、居場所をすぐに伝えることができます。

【直撃取材】露出狂の喜ぶこと、萎えること

アンケート

ある露出狂のコミュニティサイトを通じて元露出狂とコンタクトが取れたため

「露出狂へはどう対処すべき?」

を知るために露出狂が喜ぶことと萎えることを聞いてみました。

露出狂が喜ぶこと

  • 「キャー!」と大声をあげる
  • ダッシュで逃げる
  • 「小さっ!」と言う
  • ジッと見られる

なかでも「キャー!」という悲鳴が一番うれしかったそうです。

反応が大きければ大きいほどうれしいんだとか。

意外にも

「小さっ!」

と言われると、見られているという実感があって興奮したそうです。

露出狂が萎えること

  • 無視される
  • 通報される

無視して素通りしたら通報するのが一番です。

【防犯カメラが多い】露出狂が足を洗う理由【実名報道恥ずかしい】

容疑者

出典:https://news.tv-asahi.co.jp/

無職、44才、実名報道、顔出し…ププ
タマ
タマ

バッチリ映っちゃってますね。

もう地元歩けないかも・・・w

もうひとつ別のケースをご紹介しましょう。

 東京・北区の路上で下半身を露出して帰宅途中の女子高校生(18)らに見せたとして、23歳の会社員の男が逮捕されました。

林蓮太郎容疑者は先月31日、北区滝野川の路上で5人で歩いて帰宅していた女子高校生らに対し、下半身を露出して見せた疑いが持たれています。警視庁によりますと、林容疑者は人目に付きにくい場所で若い女性が来るのを待っていたということです。周辺の防犯カメラには、逃げる女子高校生らを追い掛ける林容疑者の姿が映っていました。取り調べに対して林容疑者は「女性が驚くのが見たかった」「100回くらいやった」と容疑を認めています。周辺では去年11月から同様の被害が20件確認されていて、警視庁は余罪についても調べています。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/

ポイントは

「逃げる女子高校生らを追い掛ける林容疑者の姿が映っていました。」

警察、検察、裁判官とかといっしょに映像見て

「これはキミで間違いないか?」

とか聞かれるんでしょ?

うはww気まずすぎwww

【防犯カメラ】今の時代、露出狂は現行犯以外でも捕まる!【スマホ】

【顔写真】ブロガーにまとめられる【個人情報】

林蓮太郎(連太郎)の経歴と顔画像とツイッター・Facebook特定!

名前  林蓮太郎(はやしれんたろう)容疑者

年齢  23歳

居住地 北区西ケ原

出身地 埼玉県川越市

学歴  川越市立川越高校

職業  カメラマン( 株式会社 撮れ高 )

容疑  公然わいせつ

出典:https://yukaliku.com/

今の時代、犯罪者はテレビや新聞だけでなくブログにもまとめられちゃいます。

同級生や同僚にもバレバレですね。これはハズカシー!

しっかし、きれいにまとめたなーw
タマ
タマ

露出狂に催涙スプレーをかけてもいいの?【ケースバイケース】

スプレー

 

「露出狂がゆるせない!」

「露出狂が襲ってきた!」

 

正義感の強い女性なら露出狂をこらしめたい!と思う人もいるかもしれません。

また、露出狂が犯行におよんでいるときは性欲が高まっているときと考えられますので、被害者を襲う可能性もあります。

露出狂に催涙スプレーをかけてもよいのでしょうか?

端に出会っただけでスプレーをかけるのは過剰防衛になる可能性が大です。
露出狂が迫ってくる、接触してくるなど加害の程度が大きくなればなるほど正当防衛が認められる可能性が増します。

出典:弁護士ドットコム

出会っただけで催涙スプレーをかけるのはやめておいた方がよさそうですね。

襲われそうになったらかけてよいでしょう。


 

ちなみに防犯ブザーは微妙かな?だれも助けに来てくれないかもしれません。 特に日本では。

基本的に露出狂は無視をして通り過ぎるのがベターです。

【名古屋中区栄殺人事件】日本人は誰も助けに行かない【ヤクザ】

現行犯以外での後日逮捕はあります

手錠

「明確な証拠」があれば一発でアウト

公然わいせつ罪というのは、犯人が逃げることが多いので、現行犯逮捕が多いですが、犯人の特定さえできれば、後日通常逮捕されることもあります。珍しくないと思います。

公然わいせつ男 似顔絵で逮捕 容疑で倉吉署=鳥取

出典:弁護士ドットコム

逮捕容疑は2月19日午後6時すぎ、自宅マンションの通路で、下半身を露出した疑い。「間違いない。今までに2回ほど露出した」と容疑を認めている。署によると、住民が下半身を露出する宮田容疑者を動画で撮影し、署に届け出た。

出典:西日本新聞

バッチリ動画を撮られてて、証拠になったようですね。

今は防犯カメラもありますし、スマホにもカメラはついてますよね。

昔よりも露出狂が捕まりやすい時代のようです。

「証言だけ」なら裁判で有罪・無罪が決まる

●証拠は目撃者の証言のみ

という場合、
判決で有罪になることはあるのでしょうか?

(中略)

その目撃者の証言が信用できるとなると、有罪もありうるのではないでしょうか。

出典:弁護士ドットコム

弁護士も断言は避けています。過去の判例がないから何とも言えないんでしょうね。

このような一人にしか見られていない場合の公然わいせつ罪の後日逮捕ってあるのでしょうか。教えてください

(中略)

実際一人しか見ないような場所だったのであれば、不特定または多数人が認識しうるような状況ではなかったと言える一事情にはなるのかもしれません。

(中略)

理屈上公然わいせつ罪が成立しないという余地はないわけではないでしょうが、なかなか難しいように思います。

出典:弁護士ドットコム

公然わいせつは、時効3年以内であれば、忘れた頃に逮捕されることがあるのでしょうか・・・
証拠が無くても目撃証言だけで有罪決定でしょうか・・・
警察は、公然わいせつ罪についてはどの位本気で捜査するのでしょうか。

(中略)

目撃証言は立派な証拠です。逮捕される可能性がないとはいえません。

出典:弁護士ドットコム

目撃証言だけのケースではようするに「裁判をしてみないとわからない」みたいです。

見間違いとかもありますからね。

目撃者1人だけだと立件はむずかしかったりするでしょう。

【劣等感】露出狂は精神障害【トラウマ】

露出狂ってナゾの存在ですよね。

一般的にナゾが多いですし、とくに女性にとっては理解しがたい心理でしょう。

露出狂は一生懸命見せたがりますが、女性側としたら

「きもちわるい」

というのが一般的な感覚。

相手が喜んでないのに露出するのはなぜでしょう?

 

なにが楽しいの?

なぜ露出なんてするの?

あたまおかしいの?

という疑問にお答えします。

精神医学上の定義はふたつ

DSM-IV-TR(精神障害の診断と統計マニュアル)には次の2点に当てはまれば露出症だと定義されています。

少なくとも6ヶ月間にわたり、警戒していない見知らぬ人に自分の性器を露出することに関する空想や性的衝動、または行動が反復する。

その性的衝動などで著しい苦痛または対人関係上の困難が生じているか、行動化している。

出典:Wikipedia

露出狂になる理由はさまざま【気質・環境・劣等感】

落ち込むサラリーマン

気質原因:反社会性の既往、反社会性パーソナリティー障害、アルコール誤用、小児性愛の傾向は、露出障害の危険要因と考えられるかもしれません。また、情緒的なストレスがたまった時や、危機を感じた時にのみ露出障害が現れることもあります。一説によると、露出障害の男性は無意識のうちに去勢や性的不能を感じていて、性器を露出することで男らしさを確認しているとも言われます。

環境要因:

小児期の性的虐待、精神的虐待は、露出症の危険要因であることが示唆されていましたが、因果関係ははっきりしていません。

出典:ハートクリニック大船

露出狂の原因はストレス解消や幼少期のトラウマ、劣等感などさまざまで、複雑です。

原因のひとつとして劣悪な家庭環境が考えられます。

異常なことをしてしまうのには異常な理由があるのです。

性への劣等感

「男としての自信」「女としての自信」がない人が露出狂になるケースがあります。

性器のサイズに劣等感を感じていたり、異性とのコミュニケーション能力に自信がなかったりするんですね。

劣等感が強いタイプの露出狂は自分の性器をだれかに見せて相手が「キャー!」と悲鳴を上げたり「ジロジロ」見られることに快感を感じます。

異性の反応があることで「自分は男(女)なんだ」と実感できるからです。
【性への自信がない理由】

  • 恋愛禁止だった
  • オシャレをしたら親にからかわれた
  • 厳格な家庭で育てられ自己表現を禁じられていた
  • 過干渉な親に育てられ個性をつぶされた(ノックをせず子ども部屋に入る親など)
  • 親に自発的な行動を制限されていた

過干渉に子どもを支配したがる家庭環境では「男が男らしく」「女が女らしく」生きることを厳しく制限されます。

制限された反動で「男らしさ」「女らしさ」を異常な方法で表現してしまうのです。

異性へのコミュニケーション障害

「ほんとうは異性と会話を楽しみながらイチャイチャしたいのに・・・」

という願望を持ちながらイザ!異性を前にするとうまくしゃべれない人が露出狂になるケースです。

 

「学校や職場で気になる人がいるけど話しかけられない」

「話しかけようとしても会話が続かない」

「合コンへ行ってもいつも収穫がない」

 

うまく異性とコミュニケーションが取れないフラストレーションの発散として露出狂に走ってしまいます。

性へのトラウマ【両親の夜の営みを目撃】

幼少期に両親の夜の営みを目撃してしまったことがトラウマになるケースです。

両親の仲がよければ夜の営みを発見しても

「まあ仲よくしてるのかな」

ぐらいにしか思いませんが、問題は両親がふだん夫婦喧嘩ばかりしている場合です。

「おかあさんがいじめられてる・・・!」

なにも知らない子どもは夜の営みをいじめと受け止めてしまいます。

「性に対する嫌悪感」と「性への興味」のジレンマ(板挟み)におちいってしまい、性の健全な成長ができなくなってしまうのです。

また、悲しいことに被害者は加害者になり得ます。

「虐待の連鎖」という言葉をよく聞きますよね。同じ心理です。

加害者になることで「同じトラウマを持った仲間」を得ようとし「トラウマの場の支配感」を得ることで心のキズを回復しようとするのです。

くわしくは下記の記事にまとめてあります。

毒親からの虐待の割合は35%!【怖い負の連鎖を断ち切る方法】

【助けて】性的虐待を受けた心の叫び

幼少期に性的虐待を受けたトラウマがきっかけで露出狂になるケースです。

服を脱がされたり襲われたりするなどの性的虐待を受けたときの「助けて!」という欲求が解消されないまま大人になってしまうと、トラウマを露出という形で表現してしまいます。

トラウマが原因の露出狂は見せつけるというよりも幼少期の「助けて!」という願望を解消したいという欲求が強いです。

育児放棄のトラウマが原因となるケース【おむつ替えて!】

上記と考え方は同じですが、幼少期に育児放棄(ネグレクト)を受け、長い間おむつを取り替えてもらえない不快感がトラウマとなり露出狂に走ってしまうことがあります。

育児放棄が原因の露出狂も「心のキズ」が癒えないまま大人になってしまった人がなりやすいです。

人間の脳は、5歳になるまでの間、急激に成長します。

産まれてすぐの時でおよそ400グラム、2歳児で大体700グラム、5歳児では約1,300グラム。大人とほぼ同じサイズに。

この時期に子どもが受ける、虐待による悪影響は、計り知れません。

出典:「毒親を責めるのは親不孝」ではない。幼少期の脳は虐待で萎縮する